月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

デビッド・ローリーとは


これは19世紀に活躍したバイオリンディーラー、デビッド・ローリーによって書かれたもの。デビッド・ローリーとは何者か?著者を紹介する序文には次のように書かれています。

「1833年スコットランド生まれの著者は、バイオリン演奏の趣味が高じ、若くして弦楽器蒐集(しゅうしゅう)の道へ足を踏み入れた。名器中の名器であるストラディバリアラールガルネリ・デル・ジェスキング・ヨゼフを自分の楽しみのためだけに所有し弾いているような人物である。本書は、著者の30年以上にわたる名器売買や彼の接してきた有名人に関する数多くのエピソードをまとめてほしいという内外の要望に応えて書きはじめられた。(抜粋)」


過去に文京楽器が発行した小冊子「ピグマリウス」誌に翻訳・掲載されていたものが、この回想録です。読み返してみると、当時のバイオリン取引にまつわる話や有名演奏家の知られざるエピソード、ストラディバリウスをはじめとする名器の魅力などについて書かれており、今読んでも大変興味深い内容です。

ピグマリウス誌は1983年に文京楽器が発行をはじめた、バイオリンに関する私的な情報誌。

1993年までの10年間で40号を発行しました。内容は当時としては画期的で、一流プレイヤーのインタビューや名器に関する読み物、オーケストラの情報や、小物の価格や人気ランキングなど多岐にわたっていました。プレイヤー目線に立った内容が人気を博し、私的な発行物でありながら当時多くの人に支持されました。

目次


第  1話  私とバイオリンの出会い 
第  2話  イタリアンの音
第  3話  ストラディバリとの出会い
第  4話  ビヨーム氏のチェロ
第  5話  難しい鑑定 よもやま
第  6話  初めての取引 
第  7話  二人のチェロ奏者⑴
第  8話  二人のチェロ奏者⑵
第  9話  ストラディバリウスのチェロ⑴
第10話  ストラディバリウスのチェロ⑵