月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

写真:モンドムジカ会場の様子 / Photo by cremonamusica.com

国際楽器展示フェア「モンドムジカ」 今年も文京楽器が参加

2019年9月27日(金)から29日(日)にかけて、イタリアのクレモナにおいて国際的な楽器フェア「クレモナ・モンドムジカ」が開催されます。今年の開催を目前に控え、クレモナ・モンドムジカとはどのような催しなのかをご紹介したいと思います。
 

 


写真:文京楽器の出展ブースの様子

アマティ、ストラディヴァリらが弦楽器工房を構え、数々の名器が誕生した場所として世界的に知られる町イタリア・クレモナ。この歴史ある土地を舞台にして開かれるクレモナ・モンドムジカは、国際的な楽器見本市です。世界の30を超える国から300社以上が参加し、2017年には約1万7千人が来場したほどの大規模なイベントです。

開催期間中には、メーカーや流通、ディーラーなどの楽器業界の関係者からプロやアマチュアの音楽家、学生などが国内外から集まり会場内外や市内を行きかうため、クレモナの町は普段とは異なる活気を見せるほどです。


■楽器と人が出合う場所

クレモナ・モンドムジカが開催される展示会場には、合計で4つのパビリオンがあります。5万平米の広大な屋内展示スペースに世界各国から集う楽器関係のブースが並ぶ光景は圧巻です。それぞれのブースには、各社が用意した楽器や音楽にまつわる商品やサービスなどの情報がぎっしりと詰まっているので、一通り見て回るには一日がかりでも時間が足りないほどです。
事前に目的をはっきりと決めておけば、多数の楽器を試奏して効率よく比較し、どのような楽器が自分に合っているかなどのリサーチをしたり、実際に弦楽器製作者をはじめとするメーカーの人たちと話すことができます。

製作者自ら開いた楽器展示会が大規模な国際フェアに発展

クレモナでの国際楽器展示会の歴史は、1980年代のクレモナ楽器文化の再興期に遡ります。クレモナの弦楽器職人たち自らが企画・開催した楽器展示会として、旧市街にある元病院の建物の一部屋で開かれた『Salone Commerciale』というイベントがクレモナ・モンドムジカの起源としてあげられます。

そこから年を追って展示の規模が大きくなり、参加人数も増えて手狭になったため、その後クレモナ旧市街の外にある広い展示会場クレモナ・フィエラ(Cremona Fiere)に場所を移し、「クレモナ・モンドムジカ」として現在のような形で開催されるようになりました。

近年は以前とは違って、現代の弦楽器製作者の手による新作楽器以外にもさまざまな楽器が展示・販売されています。初心者向けの楽器から博物館のコレクションに並ぶような貴重なオールドの楽器まであらゆる楽器が揃うのはこのような大規模なフェアならではでしょう。

さらに、近年になってピアノやギター、管楽器、アコーディオンなどに特化した展示も徐々に加わり、弦楽器だけではなく楽器一般のさまざまな商品も並行して展示されるようになったことで、よりバリエーションに富んだ内容のマーケットに変化してきました。
イタリア国外からの参加が多いことも特徴です。2019年は320社の出展がありますが、その半数以上が国外からの参加です。

会場内でのイベントも豊富

期間中にはマスタークラスやレクチャーなどの参加型のイベントもあり、ミニコンサートも多数開かれます。写真や歴史的な楽器の展覧会も用意されています。今年は163ものイベントが場内で開かれる予定です。

名器が感動を生み出す場面も

展示ケースに貴重な楽器が並ぶようすはまるで博物館のように美しいのですが、クレモナ・モンドムジカの会場と博物館とは大きな違いがあります。それは、フェア会場ならば実際に手に取って楽器を試奏できる可能性があることです。名器が素晴らしい音楽家の手に渡ると、弾いている本人だけではなく周りで聞いている人も釘付けになってしまい、人だかりができることもしばしばあります。

演奏者の手元に渡るまで、オールドの楽器ならば楽器を仕上げた楽器製作者に始まり、修復家や楽器店、多くの音楽家など、数多くの人が関わっています。クレモナ・モンドムジカのような国際的な楽器フェアには、そのような楽器と人の出合いのチャンスが溢れています。
今年はどのような楽器と人の出合いが生まれるのでしょうか。今から楽しみでなりません。

♪出展情報♪ 文京楽器は今年もモンドムジカに出展します

9.27(金)〜9.29(日)
会場:ホール2 /ブース125 にて出展
アンティーク楽器・弓の厳選コレクションから日本製ブランド「YUKI HORI」「KUNITAKA OHSE」の作品を展示いたします。ご期待ください。


▽ Mondomusica オフィシャルサイト
http://www.cremonamusica.com/en/la-manifestazione/
取材・文:安田真子

プロフィール:オランダ在住。クラシック音楽について執筆しているライターでアマチュアチェロ弾き