月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

弓作りにとって一番重要なこと、それは"素材"である。


弓作りにおいて最も重要なものは何ですか?

素材が99%だよ。

じゃあ、技術はいらないってことですか??

そうじゃない。日本の寿司と一緒さ!  最高の食材を活かすには最高の職人の技が必要。でも味を究極的に決めているのは、素材の持ち味だろう。弓作りも同じさ。シンプルな構造の弓作りでは、究極的には素材がその品質を決めるんだ。


こちらのやや陳腐な返答に、エスピー氏は普段の柔和な顔から珍しく真剣なまなざしを覗かせ、こう語りました。

これは、2014年、現代の弓製作の巨匠であるチャールズ・エスピー氏が文京楽器に来店した際に、弊社スタッフと交わされた実際の会話。弓作りにおける素材の重要性を象徴的に表現している面白いエピソードです。

エスピー氏 オフィシャルブログはこちら
写真:チャールズ・エスピー氏

"素材"をもとめてブラジルへ


株式会社文京楽器と株式会社プリマ楽器の共同出資により1983年に設立したアルシェ。

世界最高の弓を自ら作り出そう」という挑戦は、製材用の機械を購入し、職人を集い、ノイドルファー氏ら海外の優秀な弓製作家を招聘し教えを請うところから始まりました。そして、トルテやペカット、サルトリらフレンチの巨匠が作った名弓を手に取り、研究を重ねました。

さあ、最も重要な"素材"を探さなくてはいけない。

そこでアルシェは良質なフェルナンブーコを求めて、1980年始めにブラジル・レシフェ市へ渡りました。いくつかのコネクションを頼りに、その時の運も味方につけ、たくさんの良質な材料を購入に至ったのでした。

写真:ブラジル・レシフェのマングローブ

こうした"素材"を手にいれたことで、アルシェは国産で良質な弓を作り始めることができました。この創業時に購入した材料は、現在においても温度湿度の自然調節の下、大切に使い続けています。

これに加え2014年、絶滅危惧種へ認定され規制が厳しくなる以前に伐採し、保管されている高品質のフェルナンブーコ材があることを聞きつけ、再びブラジルへ。そこで待っていたのは、18世紀にトルテが採用していたであろうほどの、赤いルビーのように光り輝く最高の”素材”でした。

それは探し求めていたものそのもの。30年分はあろうかという大量の購入に踏み切ったのでした。

写真:フェルナンブーコ材ストック



地球の財産として


前章で述べたように、フェルナンブーコはブラジルの東海岸のみに生息する木で、ヨーロッパにおける染料等の需要拡大、およびブラジルにおける都市開発などによる伐採が進み、この500年で元々の規模の90%が失われてしまっています。絶滅危惧種に認定され、2007年にはワシントン条約でその輸出入が規制されている、貴重な天然資源なのです。


2000年には設立されたフェルナンブーコの生態系保全を目的に研究や啓蒙活動を行う団体、IPCI(International Pernambuco Conservation Initiative
)がアメリカにて設立されました。

2004年からはブラジル政府機関の協力の下、PPB(Programa Pau-Brasil)として植林活動を本格的に始動し、賛同する250名以上の弓製作者や多くの楽器製作者らによる寄付金は、これまでに35万ドルが集まっています。
高い密度による強さとしなやかな柔軟さを併せ持ち、熱処理による反り形状を保つことのできるこの"素材"は、現在においてもなお、弓製作に使われる最高の材料として世界の弦楽に欠かせないもの。この貴重な地球の財産をたいせつに使っていくことが、弓製作者、並びに弦楽器奏者の使命といえるでしょう。

また、IPCIのフェルナンブーコ保全活動が次世代の弓製作者へ最高の"素材"を提供し、世界中の弦楽器奏者へ最高の弓を届けることへつながっていくことを忘れてはならないのです。