月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)


ストラディバリは、生涯における各時代ごとに、明確な意図をもって楽器製作の型を使い分けていました。その根底には、「究極のバイオリンとは何か」という命題への、あくなき探究心があったといえるでしょう。1666-1690年頃のアマテーゼ期、1690-1700年頃のロング・パターン期、1700-1720年の黄金期、1720-1730年頃の円熟期に分けられる彼の作風の変遷と、その成果をたどっていきましょう。

今回は、アマティ風という意「アマテーゼ」と呼ばれる1666年から1690年頃までの、20-30歳代の若きストラディバリの作品をたどります。

写真:"Side view from corner of the Church of San Domenico", Stradivarius.CHARLES BEARE.2013.page19より一部引用






ストラディバリの名が歴史上に現れたのは、1666年製バイオリン "Serdet(セルデ)"のラベルが最初です。

そこには、「Antonius Stradivarius Cremonesis Alumnus Nicolaij Amati, Faciebat Anno 1666」(=ニコロ・アマティの弟子であるアントニオ・ストラディヴァリが1666年に製作した
)、と記されています。この師弟関係を示唆するような内容はこの例が唯一で、1667年以降のラベルには見られない表現です。

写真:"Undistributed original lable", Stradivarius.CHARLES BEARE.2013.page48より一部引用


アントニオ・ストラディバリは1644年にクレモナ近郊で生まれました。先述の1666年製のラベルのように、アマティ工房との密接な関系を匂わせる証拠も存在しますが、これ以外に同様のラベルが存在しないことや、工房で働いていた記録が発見されていないことから、現在ではニコロ・アマティの直弟子であった可能性は低いと考えられております。

当時のクレモナはアマティ工房が最大の勢力であり、直接の師弟関係になかった製作者たちも、その影響下にありました。よってストラディバリの初期作品も、全体的にはアマティスタイルを彷彿とさせる外観で製作されておりますが、パフリングの剣先のラインや、やスクロールの形など、細部に彼の特徴的な様式がすでに表れております。 この時代の代表的な作品として、上記の“Serdet”や、1667年製“Ex-Jenkins”などがあげられます。




1666年製バイオリン “Serdet” 

BL(ボディ長) :356mm 
LABLE (ラベル) :Antonius Stradivarius Cremonesis Alumnus Nicolaij Amati, Faciebat Anno 1666


ストラディバリ最初期の作品とされるバイオリン。パフリングの剣先がコーナーの中心からやや内側に向かって伸びています。f字孔やスクロールの形状は、すでにストラディバリ黄金期に通じる個性が表れています。

写真:"top of Serdet", Stradivarius.CHARLES BEARE.2013.page50より一部引用



1667年製バイオリン “Ex-Jenkins” 

BL(ボディ長) :350mm 
LABLE (ラベル) :Antonius Stradiuarius Cremonensis FaciebatAnno 1667AS


黄金期の標準的なサイズ(355mm)と比べると、かなり小型であることが分かります。
そのため音色は美しいものの、やや音量に欠ける傾向があります。製作当時はバロック音楽が主流であり、楽曲や演奏様式そのものがコンパクトで、大音量よりも繊細な音質を重視した設計であったと言えるでしょう。アーチは楽器の中心部にかけて丸みを帯びており、アマティの影響が見てとれます。



写真:"top of violin (ex-Jenkins)", FOUR CENTURIES OF VIOLIN MAKING.Tim Ingles.2005.page50より一部引用



次回は彼の転機ともいえる、1690年から始まる「ロングパターン期」に迫ります。

(つづく)