■月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

今回は フィレンツェから75km離れた港町・リヴォルノで活躍したトスカーナ派のバイオリン製作家アントニオ・グラニアーニ (Antonio Gragnani) を紹介します。

生い立ち

アントニオ・グラニアーニがどのように楽器の製作を学んだかは明確ではありません。フィレンツェで楽器作りの基礎を学んだと考えられていますが、トスカーナ(フィレツェを州都とするイタリア中央の州)派製作者の中でも個性的な製作スタイルで知られています。

楽器のモデル

スクロールは縦に長く伸びたような個性的なデザインであり、裏板のボタン部や、側板のエンドピン付近など数か所に「A・G」の焼印が押してあります。

楽器モデルは、当時のフィレンツェのバイオリン製作家が好んで採用していたスタイナー型ではなく、アマティやストラディバリなどクレモナ派の影響を感じさせるデザインです。またフルサイズのバイオリンだけでも大型・中型・小型と大きさの異なるモデルを使い分けており、クライアントの要望に対応できるよう意識して製作していたと推測できます。

グラニアーニには際立つ特徴が多く、他のイタリア製作者との見分けが比較的つきやすいといえるでしょう。

象嵌(パフリング)にくじらの髭


象嵌の黒い部分にはくじらの髭を使用しており(通常は梨の木のような固めの木材を染めたものが用いられる)、イタリアにおいては他に例のない特徴です(17−18世紀にオランダで製作された楽器にはくじらの髭が用いられていることがある)。

グラニアーニはリヴォルノという海沿いの都市を拠点に活動していたため、内陸のメーカー達が入手できない特殊な素材を楽器作りに用いることができたと考えられています。

製作上の功績

グラニアーニの作品は、使えるオールド楽器として演奏家たちに長くから愛好されています。

同年代のクレモナ派に比べると相場はリーズナブルだが、設計や作りの精度はそれらと大きく変わりない為、音色・音量ともにバランスが良く、特に昨今のオールド楽器の価格高騰においては、プレイヤーが現実的に所持できる数少ない銘柄の一つとして、ますます注目が高まっています。

写真:17世紀港町リボルノの地図

第4回はナポリの弦楽器製作者 アントニオ・ガリア―ノ2世(1791‐1860)をご紹介いたします。