月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

今回は番外編と称しまして、いわゆる「~スクール」と称される楽器についてご紹介いたします。

スクールとは

この楽器は製作者不詳、18世紀にトスカーナ地方製作された、グラニアーニ・スクールと思われる楽器として、イギリスの一流バイオリンディーラーの鑑定書が発行されています。 この「スクール」という表現は、日本語でいう「〜派」にあたる意味です。つまりこの楽器は、アントニオ・グラニアーニの影響を強く受けたイタリアンオールドバイオリンである事を指しています。

実際に楽器をよく見ると、象嵌部分にはクジラの髭(グラニアーニをはじめ、イタリアではごく一部の製作者しか使用しなかった素材)で出来ており、ニスの色合いなどもグラニアーニとよく似て、共通する点が見受けられます。 

しかし、製作者を裏付ける決定的な要素(典型的なモデリングや、焼印など)が無いことで、現時点ではグラニアーニと言い切れない為、スクールとなっているのです。

スクール楽器の魅力的な側面

①高い演奏性を備えている
良いスクール楽器は、楽器の形状・製作技術の特徴・材料選択などにおいて、同時代の名器との類似点が多く見られます。構造が酷似している場合、音色や音量など機能面においても、名器とほとんど変わらない作品もあります。 

②市場価格がリーズナブルである
現時点で作者が特定されていない分、同時代のメーカーに比べ価格が安い場合がほとんどです。
特に相場が高騰しているオールド楽器では、スクールであれば現実的な値段で購入できるという利点があります。 

③資産価値が付随する
古くから海外オークションやエキスパート達の間でも、スクール楽器は広く取引されています。
本作品の様に、スクール品でも一流の鑑定書が付いている楽器もあり、作者不詳であっても市場価値を持つ作品も存在します。


以上の理由により良質なスクール楽器は、実はコストパフォーマンスが非常に優れており、演奏者にとってのアイテムとしてはお勧め出来るといえます。