月曜・祝日定休
Closed on Mondays
& national holidays

10:30~19:00

112-0002 東京都文京区小石川2-2-13 1F
1F 2-2-13 Koishikawa, Bunkyo-ku,
Tokyo 112-0002 JAPAN

後楽園駅
丸の内線【4b出口】 南北線【8番出口】
KORAKUEN Station (M22, N11)
春日駅 三田線・大江戸線【6番出口】
KASUGA Station (E07)

MION 第2回公演 満員御礼!


満員のお客さまへ、シンセサイザーと小編成の弦楽を融合させた音楽をお届けした今回の演奏会。
久保陽子のチャイコフスキー・コンチェルトはもちろん、若手演奏家によるハイドン四重奏やピアソラ小品、さらにはスターウォーズ・メドレーなど、様々なジャンルの音楽をお楽しみいただきました!
シンセティック・オーケストラ

第1回より活躍しているローランド社製のシンセサイザー

バッハの”チェンバロ”、ピアソラの”バンドネオン”、オーケストラ伴奏におけるさまざまな管楽器たちなど、今回も豊かなバリエーションを見せてくれました。
終演後ロビーの久保陽子

終演後にファンの方々に囲まれ、いつもと変わらぬ笑顔で会話を楽しみます。

チャイコフスキーのコンチェルト全楽章を披露した久保陽子。1962年にチャイコフスキー国際コンクールで第3位に入賞した際、本選で演奏した曲がこのコンチェルトだったのだそう。

数多くの演奏回数を重ね、より濃厚で哀愁ただよう音楽に聴き入りました。
ハイドン弦楽四重奏も素晴らしかった!

第67番「ひばり」より第1・4楽章を抜粋。

久保と若手の音楽を通した交流は、聞き手にとって魅力的なだけでなく、弾き手にとっても貴重な時間であったとのこと。

写真は終演後の記念撮影におけるワンショット。左から佐藤、久保、中村、冨田。

ご来場、ありがとうございました!


もっと気軽にオーケストラ・サウンドを!

シンセサイザーと弦楽を組み合わせ、オーケストラの華麗な旋律と豊かな響きを求める MION SYNTHETIC ORCHESTRA。メンバーひとりひとりの知識や経験を活かし、クラシック音楽の新たな表現法を提案してまいります。

久保陽子と若手演奏家の間の継承も大きな目的のひとつ。

これからもMIONをどうぞ宜しくお願いします!

〔メンバー〕
写真左より佐藤茉奈美、渡邊多佳子、間脇佑華、横田智子、久保陽子、冨田千晴、川口さくら、中村紀代子、松崎颯太、地代所悠